店名 エリア/業種

華月文子 のプロフィール

週間出勤表
10月23日() -
10月24日() -
10月25日() -
10月26日() -
10月27日() -
10月28日() -
10月29日() -

プロフィール

華月文子 (57歳)

T.150 B.83 (B) W.63 H.84

店長コメント

イク事を我慢し、お相手にバレない様にこっそりイクというシャイでムッツリな文子さん。性感帯でもある首筋や腰骨を舐められるとじわりと濡れてしまいます。未開拓部分が多いM体質な文子さんですが、クリトリスと膣内を素早く同時責めされる事で高確率の潮吹きをなされます。いちゃいちゃと不倫が大好きな文子さん、業界未経験ゆえに技術は乏しいとおっしゃいますが、数々の不倫経験で培ったプレイはどれほどのものでしょうか。

 高校卒業後に衣料品関係の職場にお勤めを始めた文子さん、憧れの存在であった体育会系の8つ上の先輩にふいに海に誘われ、2人でデートへ行った18歳の夏。海の中でじゃれあったり、時間が経つに連れ、手を握り浜辺を歩いたりしながら良いムードに。夕方頃から突然の雷雨で怖がる文子さんをなだめる為にお二人は先輩のアパートへ避難されます。
 鳴り続ける雷を打ち消すかのように、優しい抱擁から突然のキス。文子さんは初めての出来事に対する不安と、嬉しさに雷の恐怖は忘れ身を委ねられます。その後行われるであろう事に不安と期待、そして恥ずかしさが入り混じる文子さんは、初めて好きになった男性と結ばれた悦びをいつまでも噛み締めておられたご様子です。
 20歳になった文子さんは金融系の会社に就職が決まり、離れ離れになった先輩とはお別れになります。しかし、新たな第1歩を踏み出した矢先に盲腸により入院なされた事で、新たな出会いが待ち構えていました。
 部署も違い、面識も無かった2つ上の上司も入院しているという事を知りお互い急接近。病院内で夜な夜なバレない様に密会を重ねます。退院後もパワハラ等の日常に苦しむ文子さんをその上司が庇ってくれたりする中で親密度は増し、お付き合いが始まり、その後24歳の時にご結婚なされます。しかし性生活において淡白なご主人に文子さんは快楽を知らないまま悶々とした日々を過ごしておりましたが、いつしか刺激を欲するようになられます。

 文子さんが性に目覚めたきっかけは会社での歓送迎会でした。1次会終了後に意気投合したお互い不倫同士の同僚と二人はホテル街へ消えていかれます。刺激を欲していた身体は抑えが効かなくなり、文子さんは不倫にのめりこんでしまいます。仕事の合間を縫って車中で行為をしたり、ホテルに行く様になり、その都度にイク経験をする事で、SEXの虜になってしまい、ついには出張と偽っての不倫旅行までしてしまう程はまってしまいました。

 キス好きな文子さん、いとおしむ様に小さなお口で咥え込むフェラチオは大変いやらしい気持ちになることでしょう。文子さん自身も興奮高まる愛撫。まだまだ知らない男性の欲望を満たす為にご指導頂きたいとの文子さんは、更なるいちゃいちゃしたい不倫願望を満たすべく、完全業界素人の文子さんがデビューです。

< 女の子一覧へ

▲ページの先頭へ戻る